睡眠とニキビの関係

◆睡眠のリズム
大人ニキビ対策として化粧品や薬もいいのですが、最も有効なのは睡眠です。睡眠不足はニキビの大敵ですから、しっかりと睡眠をとればニキビ対策となるのです。一般的には1日8時間の睡眠をとるのがいいと言われています。8時間の睡眠を確保できないと自律神経が乱れたり新陳代謝が低下したりするのです。そして、免疫力の低下や交感神経のバランスの崩れにより皮脂が大量に分泌されてニキビの発生となるわけです。
ただし、睡眠をとにかく8時間とれば大丈夫というわけではありません。就寝時間と起床時間が一定でなければ身体のリズムが崩れてしまうのです。これでは肌は再生が正常にできませんので、ニキビが発生してきます。毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きることによりニキビを予防できるのです。
◆睡眠中のケア
起きている時にはニキビケアはしても、睡眠中はニキビケアができていないものです。しかし、睡眠中にニキビが悪化してしまうことはよくあるので、睡眠中でもニキビケアをするのが理想です。
まず、睡眠中に直接肌に触れる枕やフトンやパジャマは清潔にしておくようにしましょう。また髪の毛は睡眠中も肌に触れますので、まとめておくということもできます。

Copyright(c) ニキビ化粧品でニキビ対策をしよう All Rights Reserved.