身体の内側からニキビ予防

◆外部ケアと内部ケアの相乗効果
ニキビを予防するためには化粧品や薬を使用する外部からのケアだけでなく、身体内部からのケアもしていくことと効果的です。身体内部からのケアとしては、規則正しい生活習慣、偏食をしないこと、ストレスを溜め込まないこと、適度な運動などです。しかし、現代人の多くは、これらの体へのケアはできずに日々忙しくすごしています。普段の生活の中でできるだけのことをしていくしかありません。例えば、食事はなるべく栄養バランスが偏らないようにしていくこと、特別な運動をするのではなく日常生活の中で体を動かしていくこと、なるべくストレスを溜め込まないように発散させるなどです。身体の外部からのケアとして医薬品や化粧品に頼るだけでなく、身体の内部からのケアも同時に行い相乗効果を高めることが大切です。
◆ニキビケアのための食事
基本は皮脂の分泌を促す食物は摂らないことです。油物は適度には摂ってもいいのですが、過剰に摂ると毛穴をふさいでしまいます。スナック菓子やナッツ類はなるべく避けるべきです。また、お肉や牛乳は動物性脂肪が多く含まれていて皮脂の分泌が過剰になりがちですので、魚メインの食事の方が好ましいです。魚の脂は血液をきれいにしてくれニキビ予防となります。炭水化物や甘いものの過剰摂取もニキビが出やすくなる原因です。皮脂をコントロールしニキビケアすための食物としては、レバーや魚や卵がおすすめです。

Copyright(c) ニキビ化粧品でニキビ対策をしよう All Rights Reserved.